プロフィール

鄧 徳勝
 Deng DeSheng     Tokukatsu Toh 

1965年東京浅草生まれ。横浜出身の中国人華僑。料理人の家の3代目として、幼い頃から料理の世界へ入ることは自然なことに思えたという。幼い頃より自然に身に付けた伝統的な調理技法と、食材を厳選する確かな目には定評がある。

高校卒業後、株式会社プリンスホテルに入社。サンシャインプリンスホテル『古稀殿』、新横浜プリンスホテル『胡弓』などで15年の経験を積む。
1992年、新横浜プリンスホテル『胡弓』にて、師と仰ぐ現在のウェスティンホテル東京 中国料理『龍天門』総料理長 陳 啓明と出会う。 陳氏にその腕を認められ、1998年、中国料理『龍天門』の副料理長に抜擢され、2012年に料理長就任。2014年よりマンダリンオリエンタル東京『SENSE』料理長就任、2018年自ら¨KISEKI¨を設立,現在に至る。

得意とする料理は、海鮮ものをふんだんに取り入れた広東料理。あくまでも広東料理の本場、香港の味を追及する。全ての広東料理のベースともなる「上湯(ショントン)スープ」には、手間と時間を惜しまない。

現在も、後輩の指導に力を注ぐ一方、自身の鍛錬も怠らず、香港や中国本土へ赴き本場の味を追求すべく研究を重ねている。
香港シェラトン『天宝閣』の料理長 陳 小麒氏や香島シャングリラ『夏宮』の葉 志祥氏のおすみつきももらっている。
その他,北京ウェスティン,香港メリディアン,広州ウェスティンなどで研修を重ね,ウェスティンチョースン、台北シェラトン,マンダリンオリエンタル クアウルンプールではフェアーも開催した実績もある。

日本で本格的な広東料理を継承する数少ない華橋料理人のひとりである。

経歴

1995年
調理師免許 習得
2010年
ミシュランガイド ☆獲得
(ウェスティンホテル東京 龍天門 副料理長)
2012年
中国料理専門調理師 習得
2014年
ミシュランガイド ☆獲得
(マンダリンオリエンタル東京 SENSE 料理長)
2015年
ミシュランガイド ☆獲得
(マンダリンオリエンタル東京 SENSE 料理長)

SGS HACCP 習得
2016年
ミシュランガイド ☆獲得
(マンダリンオリエンタル東京 SENSE 料理長)
 
専門調理食育推進員認定
2017年
ミシュランガイド ☆獲得
(マンダリンオリエンタル東京 SENSE 料理長)
2018年
防災防火責任者甲種習得

      "RYUTENMON①"     

   "RYUTENMON②"      

   ”RYUTENMON③"   

   ”RYUTENMON④” 

    "SENSE"      

Tokukatsu Toh   (Deng De Sheng)

 Founder  KISEKI JAPAN

 He was born in Asakusa 1965 but grew up in Yokohama. His family member were all in the Chinese cuisine industry. As a 3rd generation of his family, he naturally started his career in the Chinese cuisine field from his childhood. His favorable reputation toward his authentic and traditional cooking style and right eyes for selecting food ingredients is remarkable.

After graduating from high school, he started working and experienced 15 years in Prince Hotels Co. Ltd; Kokiden at Sunshine Prince Hotel and Kokyu at Shin Yokohama Prince Hotel. There he met his master chef, Mr. Kei Mei Chin, who is now a head chef of Ryutenmon at the Westin Tokyo. Guided by Chef Chin, he joined at Ryutenmon in 1998, and was promoted as head chef in 2012. Started working at Sense restaurant in Mandarin Oriental Tokyo as a chief chef from 2014. In 2018, he established KISEKI JAPAN.

His specialty is in Cantonese cuisine featuring variety of Seafood, with REAL Hong Kong flavour and texture. His first priority is SHANTAN Soup; first bouillon for all kinds of Chinese cuisines.

Currently guiding his fellows as well as devoting himself to self-discipline.

He has a strong reference from Mr. Chin of 天宝閣Tenhokaku fromHong Kong Sheraton, and Chef IP of 夏宮Kakyu from KowloonShangri-La Hotel.

Experienced in various training in Peking Westin China, Le MeridienHong Kong, The Westin Guangzhou, and also assisted Chinese promotion at the Westin Chosun and Sheraton Grande Taipei Hotel.

He is one of the most valuable chefs that can succeed genuine Cantonese throughout Japan.

Guided by Chef Chin, he joined at Ryutenmon in 1998, and was promoted as head chef in 2012.

Started working at Sense restaurant in Mandarin Oriental Tokyo as a chief chef from 2014.

In 2018, he established KISEKI JAPAN.

 


中里 卓
 Takashi Nakazato

 

1968年 神奈川県生まれ 

1987年   グランドプリンスホテル赤坂 

1991年 ヨコハマグランド インターコンチネンタルホテル

1994年   ウェスティンホテル東京  

1999年   ウィシュトンホテル料理長

2003年 グランド ハイアット 東京『チャイナルーム』に開業メンバーとして参加し、2007年からは料理長

2015年 シンガポールレストラン 恵比寿「新東記」クラークキーの統括総料理長

2017年 料理の世界に志した頃より師と従う鄧 徳勝 共に”KISEKI”を設立

 

経歴

1996年
カリフォルニア州の料理コンクールにてグランプリを受賞
2007年
中国料理世界大会にて 銀賞 受賞

 

 


 

松原 大輔
 Daisuke Matsubara

1986年   仙台生まれ

2005年    明成高校調理課卒業

2005年 ウェスティンホテル東京”龍天門”

2012年     東京ステーションホテル カントニーズ”燕”

2018年  ”KISEKI JAPAN”に合流

高校卒業後、父である中華料理人“鄧 国良”の影響で東京に上京

従兄弟が働く恵比寿ウェスティンホテル東京"龍天門”に就職

2012年,東京ステーションホテルリニューアルオープンに際し

鬼才ケン タカセ氏のいるカントニーズ"燕”で腕を磨く

2018年再び 鄧 徳勝と合流しシェフとして活躍

 

 

 

 

 


 

臼井 元気
Genki Usui

1992年  埼玉県浦和生まれ

2012年  武蔵野調理師専門学校卒業

2012年 南国酒家

2014年    JASMINE

2016年  大手町クラークキー

2017年     東京ステーションホテル カントニーズ”燕”

2019年 ”KISEKI JAPAN”に合流予定

調理師専門学校を卒業後、志高く数々の有名料理店で腕を磨き

カントニーズ"燕”総料理長 鬼才ケン タカセ氏のお墨付きをもらい

満を期して 鄧 徳勝と合流しスーシェフとして西亀有ギャラリーで活躍

若き天才…オールラウンダー…将来が楽しみな逸材である